FC2ブログ
  • 11<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>01
   ◆◇◆◇◆ お知らせ的なねw ◆◇◆◇◆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぁ BGM変えた 俺のお気に入りのIn The End ピアノバージョン
原曲と違って リミックスのほうのアレンジも入ってる サビの部分がやばい
かなり聴いててぐっとくるんだが・・・

一度目のサビ入ったあとらへんからアレンジくるね 真ん中らへん

まぁ
今日のネタは

本当にあったらしい怖い話

俺のリア友が経験した話です。

俺のリア友は公立高校に通っていて、バドミントン部に入っているんですが

合宿に行った時の話だそうです。

合宿所は山梨の河口湖(話を聞いたあとで当事者達に聞いて合宿所の住所で判明しましたが)
にあるらしく、そこで、走り込みなどの練習をしていると少し行くと湖が見える程度で
人気のない山の中だったそうです。

そしてある夜、合宿所の近くに自販機があるらしいので飲み物を買いに部活の友達(4,5人くらい)
と行ったときのこと

突然、自分たちのすぐ脇を白いミニワゴンが通りかかったそうです。

速度が遅く、見た目15~20km~?くらいの速度で、ヘッドライトが点いておらず
メーターの部分が暗闇の中に光ってて(ヘッドライトが点かないと普通点灯しない ヘッドライトが点いていないのに点くのはありえないとのこと)
その光ではっきりと顔が浮かびあがっていたそうです。尋常じゃないほどニヤけていたらしい

これで終わりならまだいいが、実は通りかかるとき、あり得ないほどの甲高い声と
人間が果たしてだすことができるかわからない程 異常な笑い声を出していたらしい

イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!!!!!

こんな感じで、狂って極致を迎えた人間?
とてつもなく耳をつんざくような大声で笑っていたそうだ

その後、通り過ぎた車を目で追うと、急に曲がり
本当に人のいなそうな暗い山道に入りかけたと思った瞬間
車が止まる音がして、バタン!とドアをしめる音が聞こえ
猛スピードでみんなのことを追いかけてきたらしい
めちゃくちゃ異常な形相でマジで狂ったようにニヤけて

なんとか皆逃げ切って 一番最後のやつがちょくちょく後ろを確認したら
途中で追いかけてこなくなったらしいが、安心感のあまりか
マジで死ぬかと思った・・・そういいながら
二人ほど泣き崩れたらしい

この世のものかそうでないのかは わからないけど
あれは怖かったと言ってました

俺が聞いた時は、相当ビビった! 本当に生きた人間だったのならと考えたら
なおさらビビった でも、ヘッドライト点けずにメーターが光るのはあり得ないと・・・・・・

もしかしたら自動でついたりするのであれば説明がつくが、そうでなければ
なんなんだ?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なにそれこっわwwwwwwwwwwww
2008/09/01(Mon) 17:21 | URL  | かれろん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。